2019年5月~7月にかけて、福島県内外の各会場で福島県都市ボランティアのオリエンテーションを実施しました!

オリエンテーションは、応募された方々とスタッフの初めての交流の場で、東京2020大会福島会場の概要や都市ボランティアの役割などについて情報を共有しました。

また、各グループに分かれてグループアクティビティ(参加者同士の交流を深める活動)を実施し、来年の大会本番に向けて参加者同士の交流を深めました。


今後は、福島県の「顔」として、来県者を「おもてなし」していただくため、救急法や観光などに関する各種研修や、参加者同士のさらなる連携と交流を深めるイベントなどを開催してまいります。