東京2020オリンピック・パラリンピック1年前を記念したラッピングバスが7月25日(木)から運行を開始しました!

東京2020マスコットのミライトワやソメイティを描き、また、五輪色の紙吹雪で祝祭感や華やかさを表現しました。福島での野球・ソフトボール競技開催を大きく紹介しています。

ラッピングバスは3台運行し、
・福島駅-バスタ新宿
・会津若松駅-バスタ新宿
・いわき駅-東京駅
のそれぞれの区間を毎日往復します(「2020」ナンバーは福島市発のバスのみとなります)。

7月24日(水)、ホテル福島グリーンパレスでラッピングバスのお披露目が行われました。あいにくの雨でしたが、子どもたちを乗せてあづま総合運動公園に出発するバスを、知事、大会組織委員会の室伏広治さん、フリーアナウンサーの住吉美紀さん、東京2020オリンピック・パラリンピック復興ふくしま推進会議委員のみなさんが手を振って見送りました。

東京2020大会までいよいよあと1年。ラッピングバスは、福島県でのオリンピック競技開催をPRしながら県内の機運を盛り上げていきます!