県では、令和2年5月15日よりあづま総合体育館前広場に「オリンピックシンボル大型花壇」を展示し、1ヶ月ごとに季節に応じた草花への植え替えを行っています。
来年の東京2020大会1年前を控え、令和2年7月20日に福島明成高校の生物生産科施設園芸コース草花班3年生の生徒の皆さんで草花の植え替えを行いました。
今回の植え替えでは、オリンピックシンボルと同じ色(赤、青、黄、緑、黒、背景は白)の草花を用いて表現しており、草花は、福島明成高校で育てた「カリブラコア」(赤、青、黄、白)、「バジル」(緑、黒)を使用しています。
 生徒の皆さんが心を込めて大切に育てた草花による花壇は、とてもきれいで元気を与えてくれます。ぜひご覧ください。
 今後は、1ヶ月後(8月中旬頃)に最後の植え替えを行い、令和2年9月頃まで展示予定です。

※観覧の際は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、間隔を空けてご覧いただく等、感染防止対策にご協力をお願いします。