東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、メダリストに授与する副賞「ビクトリーブーケ」に福島県産の「トルコギキョウ」が使われます。

県庁西庁舎2階のオリンピック・パラリンピックPRコーナーに「トルコギキョウ」を展示していますので、ぜひご覧ください。

◆展示期間:2020年9月3日(木)~9月10日(木)頃まで
      ※生花のため、予定よりも早く展示を終了する場合がありますので御了承ください。

◆トルコギキョウとは?
◎ 北アメリカ原産のリンドウ科の植物で花もちが良いことから人気が高く
業務用から家庭用まで幅広く利用されています。
◎ 出荷最盛期は7~9月で、色は、白・ピンク・紫・黄色・緑など、
様々な種類があります。展示しているトルコギキョウは、緑色です。
◎ 福島県内のほぼ全域で、地域条件に応じた作型により栽培が行われています。
◎ 令和元年産 花き生産出荷統計(農林水産省)
 《福島県》作付面積:2,220a  (全国第5位)
       出荷量:3,710千本(全国第9位)

観覧の際は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、間隔を空けてご覧いただくようご協力をお願いします。