東京2020組織委員会は、9月28日、新たなオリンピック聖火リレーについて、2021年3月25日(木)に本県の「ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ」でグランドスタートを実施し、その後121日間かけて、復興の歩みを進める被災地を始めとする全国各地を巡ることを発表しました。
県内は、2021年3月25日(木)から3月27日(土)までの3日間実施されます。
また、1日の終わりに聖火の到着を祝うセレモニーである「セレブレーション」についても最終日を除く毎日(県内は3日間)実施されること、既に決定した聖火ランナーに優先的に走行してもらうこと、実施市町村、走行ルート、セレブレーションの実施場所について原則変更しない方針等も示されました。

詳しくは、下記組織委員会ウェブサイトをご覧ください。
https://tokyo2020.org/ja/torch/news/news-20200928-01-ja