今夏、東京2020大会が開催される機会に、アキバ・スクエア(東京・JR秋葉原駅前)を会場に開催される、東北・新潟の情報発信イベント「東北ハウス」が、会場での「リアル開催」に加えて、リアル開催のコンテンツの大半をWeb上で公開する「バーチャル開催」も併せて開催されることが決定しました。
 会場でのリアル開催は、本年7月22日(木・祝)~8月7日(土)の計17日間、Web上でのバーチャル開催は、8月24日(火)~令和4年1月24日(月)までの約5か月間、「リアル」と「バーチャル」の2本立てで開催されます。
 なお、東北ハウスの実施計画(概要版)については、東北ハウス公式ウェブサイト(URL:https://www.tohokuhouse.jp/)をご覧ください。
 また、「リアル開催」は、新型コロナウイルス感染症対策に係る国のイベント開催要件を順守するとともに、開催地である東京都のガイドライン等を踏まえて適切な対策を講じた上で実施されます。