平成29年8月27日(日)東京2020大会のオフィシャルパートナーであるJALが「子供たちが自分たちの可能性に気づき、挑戦する夢を抱いて欲しい」との思いを込めて開始したネクストアスリートプロジェクト「スポーツ能力測定会」がいわき市内のいわき明星大学体育館を会場に開催されました。

当日は、ゲストアスリートして、元メジャーリーガーで野球解説者の岡島秀樹さんと200mハードルアジア・日本最高記録保持者であるプロスプリントコーチの秋本真吾さんが、集まった小学生から高校生まで約150人を前に各検査項目のデモンストレーション披露や測定中の子どもたちへのアドバイス等で交流を図りました。

すべての検査を終えた子供たちは、保護者さんと一緒に検査結果に基づく適正スポーツ等のアドバイスを個別に受ける充実したプログラムで、参加者は一同楽しく体を動かしました。
JALでは、2020年までに全都道府県でこの取組を実施していく予定とのことでした。

★今回の測定種目
 10mスプリント測定
 敏捷性測定
 ジャンプ力測定
 リカバリーバランス測定
 反応ステップ測定
 スイングスピード測定
 ※ 測定結果から、69種目のスポーツから自分に向いているスポーツを診断。