平成29年8月15~21日の日程で、県立平商業高校の茶道部、華道部の生徒5人がホストタウン交流の一環としてサモア独立国を訪問しました。

いわき市は、内閣官房の認証する東京2020大会に向けた国際交流の振興等を促進するホストタウン制度において、サモア独立国のホストタウンに認証されており、同認証を足掛かりに同国ラグビー協会との間で2019年のラグビーワールドカップや東京2020大会での事前キャンプの市内実施に関する覚書を締結しているところです。

今回のサモア独立国訪問では、訪問した平商業の学生は、華道を始めとした日本の文化をサモアの高校生等に伝え、サモアの高校生等からはサモアの文化を学ぶなどの相互の交流が図られました。

その他、2009年に発生したサモア沖地震による津波被災地を訪れ、被災者の方々の心に寄り添うなどし、今後の交流発展に向けた親睦を深めました。

詳しくは、こちらをご覧ください!
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1503647767183/index.html